2007年07月23日

佐藤琢磨 ヨーロッパGP後のインタビュー

F1キンダーガーテンさんの記事です。

作戦を活かす前に油圧低下が残念−−琢磨
Jul 23, 2007
 久々にQ2に進出、スタートでロケット・ダッシュを決め、16番手のグリッドから10位までジャンプアップ。しかし、上位の結果が期待された琢磨は、赤旗で中断したレースが再開された後の19周目に力なくマシンをコースサイドに止めた。油圧系統のトラブルだった。

 スタート直後に、予想より早く雨が来た。

「スタート地点で最終コーナーの方を見たら問題なさそうだったけれど、1コーナーの方を見たら空が真っ黒でビックリしました(笑)」。得意のスタートを決め、すでに濡れ始めて滑りやすくなった1コーナーを無事に通過。コーナー毎に前車を抜いて10位までポジションを上げたところで雨がますます激しくなった。

「雨がどんどん酷くなって、ドライ・タイヤでキープするには激しくなりすぎたのでピットインしましたが、その後赤旗が出たのは正解だったと思います。なにしろ、ウェット・タイヤに交換してピットアウトした周の1コーナは、水しぶきで前がまるで見えない。ボヤッとした水しぶきの中にコースアウトしているクルマが見えて驚きました。3速でもまともに走れない状況で、3速以上にシフトアップできなかった。赤旗が出た辺りでボクもスピンしていますが、何しろ、アクセルオフしただけでリヤがロックしちゃうくらいの雨だったのでどうしようもなかったですね」。

 スーパー・アグリF1チームは、琢磨とアンソニー・デビッドソンを作戦を分けてスタートさせた。琢磨は、雨の状況を予測して、「1ストップでも行けるくらいの重い燃料」を積み、デビッドソンは軽めの燃料でスタートした。しかし、「その効果を発揮する前にストップしなければならなくなった」。

 琢磨を待っていたのは油圧系統のトラブルだった。

「(19周を終えた)ピット前を通過するときに、チームから油圧の低下をラジオで伝えられて、ターン6でクルマを止めざるを得なくなりました。最初はギアシフトがおかしくなってた。続いてパワステが効かなくなって、最後は何も反応しなくなってクルマを止めざるを得なくなったのは残念です」。

 リタイアに終わったとはいえ、イギリスGPのようにマシンがアンダーステアで箸にも棒にもかからない状況からは脱した。チームにもミスはなかった。

「次のハンガリーGP(8月5日決勝)はキャラクターの違うサーキットですから、今日のようにいいペースを維持してレースをしたいと思います」。
(協力:Masahiro Owari / 構成:MYS)

posted by えす1964 at 19:04 | 東京 🌁 | Comment(5) | TrackBack(0) | TRTメンバー
この記事へのコメント
えすさんもエントリをあげることになったんですね〜。
今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by ルビー at 2007年07月24日 00:34
ルビーさん コメントありがとです〜

そうなんですよ〜 少しだけお手伝いさせていただく事になりました〜(^_^;

これからもよろしくお願いします〜
(^-^)ノ~~
Posted by えす1964 at 2007年07月24日 00:58
えすさん!
お疲れ様です。
おぢさん達は2人は引越し&業務内容変更、一人は虫の息(爆)
一人は長期休養、一人はズラ刑事(笑)なもんですから。

これからよろしくお願いしますね。
Posted by Mansellおぢさん at 2007年07月24日 23:34
てな訳で、えすさん、「ほな 頼むわな」・・・(笑)
Posted by nonoじぃじ@虫の息 at 2007年07月25日 00:13
えすさん!
よろしく〜!(≧▽≦) っははは
Posted by カンジ at 2007年07月25日 13:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。