2007年11月03日

「こちアグ!2007」#8〜後編〜

「こちアグ!2007」最終回の続きです。(思ったより早くアップできた^^;)

______________________________________
苦悩の後半戦
Q「一番苦しかったレースは?」
琢磨「直後のインディアナポリスかな?カナダでああいうレースをして、チームとしてものってきてる状態だし、クルマ的には厳しいとこもあったんだけど、その直後、今年初めてああいう形でコースアウトしてリタイヤしてしまったのは自分としてはすごい悔しかったんだけど、ただ、一番悔しいっていうのは、北米ラウンド終わってヨーロッパに帰ってきてからいろんな条件が重なったんだけども、チームの開発が止まってしまって、どんどん遅れだして周りのチームにだんだん敵わなくなってきたっていうか、勝負できなくなてきたっていうのが今シーズン一番辛かったですね。
確かに当初の目標は全て達成できたんだけども、やっぱり僕ら一度目標を達成できたら次々にいきたいんで、そのまま前進し続けたいっていう風になってくるんでね、特に後半戦上がっていけかったっていうのはどうしても自分としては最後まで引っかかってるんですね。」


今宮「ホンダ陣営の今年のマシンに対する難しい苦悩も直視しなければならない。HRF1がもっといいマシンを作ってもっといい形でSAF1の方に活用させたら、もっといいレース見られた。
HRF1の今シーズンの失敗がスパーアグリ勢に対して影響したのは事実。」

今宮「2年目のこのチームの飛躍を支えたのは完走率が上がったこと。苦戦している中でもできるだけのことをやっているっていうのがリタイヤが少ないという結果に繋がっている。」


琢磨とスーパーアグリ、2007を振り返って
琢磨「ここまでずっとやってきて、去年は奇跡みたいな最終戦があって、お祭り騒ぎみたいに終わって、長いシーズンが終わったなって感じだったんですが、今年、ホントに前半すごい勢いで前進して行って、ただ最後のほうは苦しいレースが続いて、今日のブラジルでは全力は尽くしたんですけど最後もうちょっとね、クルマ以上のことは難しいし、満足いく形でフィニッシュはできなかったんですけど、シーズン通して一区切りという感じではちょっとホッとしているっていうのはあるんですけど、また2週間後にはレースが来るんじゃないかいうくらいの気持ちで完全燃焼しきれてないみたいな感じですね。」

中嶋一貴について
琢磨「直接会ったことはないんだけど、一貴が頑張ってるっていうのは聞いてて、日本のレースでデビューしてヨーロッパに来て、時に今年はF1のサードドライバーだったりGP2で活躍したりっていうのは聞いてたし見てたんで、そんなに今まで知らなかったって雰囲気ではなかったですね。
でも実際はお互いに会ったことほとんどなくて、グランプリ中はスケジュールかなり忙しいんで話す時間なかったんだけど、今回デビューってことになって、なかなかこんなチャンスないんで、ホント、僕も思いっきり頑張って欲しいなとレース前ずっと思ってたんですけど、お互いにバトルするっていうのは今シーズン始まるときは想像もしなかったと思うんだけど、そういう意味では楽しいバトルでしたけど、僕としては抜かれてしまって先に行かれてしまったんでね(笑)、こればっかりは難しいかな。
でも、なんていうんだろ?いいレースだったと思います。」


Q「自己採点は?」
琢磨「自分のですか!?あ・・・・・自己採点は苦手です(笑)。うーん・・・・・・どうなんでしょ?(苦笑)・・・何点くらいだと思いますか?」
「85点くらい?」
琢磨「じゃ、85点ということで(笑)。」
琢磨「自分の点数はともかくとして、僕は毎回クルマに乗るたびに新たな発見があるんですね。今でもすごく満足のいくラップだったり、満足のいくシーンだったり、レースだったりっていうのは何度もあったけど、そこで終わったことは一度もないっていうか、常にこうすればよかったとか、あそこ、こうすればもっとうまくいったにっていうのが絶対見つかるんですよね。
そういう部分でどんどんどんどん克服していくっていうか、今まで一度としてこれで頂点にたどり着いたとか思ったことはなくて、常に足りないって気持ちなんですね。
だから今日のレース(ブラジルGP)だってまだまだ、自分はもっと練習重ねてもっと速い、強いドライバーになりたいと思うし、毎回クルマに乗るたびに勉強で進化していきたいっていうのがあるんで、自分では採点できないっていうか満足いかないんですね。
だけど、チームの話になるとすごく客観的に見れるんで、確かに一緒に携われたことは幸せだったし、今まで一緒に2年間やってきてここまで進んできた一部のパートであるっていうのはすごく誇りに思います。
だけど、ある程度客観的に見ることもできて、チームがすごく難しい状況の中で成し遂げたこの2年間の功績は100点に近いんじゃないかと思うんですね。
純粋に数字だけを並べてみたら、それは足りないところもたくさんあったし、失敗もたくさんあったし、減点法でいったら100点には絶対ならないんだけど、気持ちとしてはほんとに100点満点をあげたいくらいみんな頑張って、それは僕もすごく感謝してるしね、一緒にやってこれてほんとに幸せです。」


今宮「夏の苦戦の中で最後ブラジルを12位で終えられた安堵感が彼のコメントに感じられる。
ブラジルGPでようやく1ヶ月遅れで新しいリアウィングが入ってきて、それも大きく反映された。
一貴はあんまりプレッシャーを感じていなかった。20年前のお父さん、中嶋悟のときとは全然違っていた。」


今宮さんの琢磨選手とスーパーアグリ総括
琢磨について
今宮「今のF1ドライバーにおいて、エースドライバーという称号に相応しいレーシングドライバーになった。今も彼は日々進化しているというのを今シーズン感じた。」
スーパーアグリについて
今宮「スーパーアグリは去年の最下位から9位という位置に上がってきたというのがすごく大きい。鈴木亜久里の日本のチームがここまでやってこれたというナショナリズムですよね、これはすごく大きい。」

“日本のエース”琢磨からのメッセージ
琢磨「来年のことは僕自身まだ決めてないっていうか、う〜ん・・・ほんとにいろんな条件を見てね・・・慎重に決めて行きたいですね。だからまだ何も言えない・・・。
でもホントに1年間ずっと応援してくれたファンの皆さんには心から感謝しています。
このスーパーアグリチームでここまでやってきた2年間っていうのはホントに自分にとって大きな財産だし、今後も力強くプッシュしていくつもりなんで、まだどういう形になるかわからないんだけども、ま、このままでは終わりません!」


今宮「本人が言えないって言うんで難しいし、ま、彼の気持ちはほぼ決まっているんじゃないかなと思いますね。もっともっと彼が大きくなって日本のF1を引っ張っていけるようなそんな存在になって欲しいですね。抽象的ですけど。」

最後は亜久里さんと生電話です。亜久里さんはこの時自宅でホンダのスタッフらとミーティング中だったとのことです。
今宮「ひとつ聞きたいんだけど、アロンソにオファーしました?」
亜久里「エッ!?・・・アロンソにオファー・・・しようかなぁと思ったんですけど、やめようかなぁとか思って。
突然“ひとつ質問です”って言われてアロンソの話されるとなかなか微妙かなと・・(汗)」

今宮「え?この番組だから相応しいんじゃないかと。どうですか?来年の準備は進んでますか?」
亜久里「そうですね。ま、一個ずつね。去年始まって、今年ある程度の結果が出てっていう部分で、F1ってそんなに簡単な世界じゃないんで、いい形で進んできた分わかるんですけど難しい世界っていうのをみんなに理解してもらいたいし、そこで簡単に物事が進んでいくって世界じゃないのは間違いないんで、これからもっともっと山あり谷ありのシーズンが来ると思うんでその中で一歩ずつ進んで行きたいなとは思ってるんですね。」
福永「代表から見て、今シーズンの佐藤琢磨ってどういう風に評価されますか?」
亜久里「彼もすごく頑張ってくれたし、チームスタッフもすごく頑張ってくれたし、言ってみればすごく出来すぎたシーズンだったと思うんですよ。そういう部分でシーズンの前半にいい成績が出て、そう意味で期待ってどんどん膨らむじゃないですか。そういうところで自分たちとしても一歩ずつ階段を上っていきたいっていう気持ちがあるんですけど、みんなが頑張りすぎちゃったし、琢磨も頑張ってくれたわけで、逆に言うとプレッシャーがどんどん大きくなったっていうのはありますね。」
福永「今年は4ポイント取れましたが」
亜久里「自分として今年4ポイント取れたとかどうこうって言うよりも、レーシングチームとしてF1の中で自分たちのポジションっていうか居場所を作る仕事がしたかったのに、みんなが頑張ってくれたって言うか、僕自身も予想外の成績が出ちゃったんで期待が膨らんだ部分、逆にプレッシャーにもなったし、すごく応援にもなったと思うんですけど、来年もこの結果を踏まえて次のステップに行かなくちゃいけないっていうか、行かざるを得ないっていうか、そういう状況になったって感じですね。」
亜久里「もちろん来年も自分たちが思ってる以上にいい方向にいけばいいと思ってるんで、頑張っていきますからみなさんよろしくお願いします!」


来シーズンのスーパーアグリへ
今宮「もう準備は進んでいると思いますけど体制を固めてもっともっと飛躍していって欲しいですよね。他のチームにインパクトを与えるようなチームになって欲しいですね。」
_________________________________


ε=( ̄。 ̄;A フゥ…終わった〜!!長かったよ〜!
最後まで読んでくださってありがとうございました(*- -)(*_ _)ペコリ

おそらくみなさんも感じたと思いますが、もしかしたら琢磨選手はSAF1を離れるかもしれません。
最後の「このままでは終わりません!」と少年のように瞳を輝かせた顔が印象的でした。
さらに一歩前に踏み出そうとしている、いつも前向きなその姿勢は今も健在です!
たとえどんな選択をしようとも、私はどこまでも琢磨選手を応援していきます。


posted by CHIYOMI at 21:28 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(1) | TRTメンバー
この記事へのコメント
CHIYOMIさん!
エントリーありがとうございます。おかげさまで楽しく読ませていただきました!
本当に琢磨はSAF1から卒業してしまいそうですね!
でも、個人的には彼が輝ける場所でガンバってくれたら、やっぱりうれしいですネ。
Posted by カンジ at 2007年11月04日 12:57
もちろん、TRTは琢磨選手の応援サイトですから彼がどこへ行こうとも
最後まで追っかけまっせ!

CHIYOMIさん、いつもありがとうございます。
ギャラはカンジMDからもらってください(爆)
Posted by nonoじぃじ at 2007年11月04日 14:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/64355104

この記事へのトラックバック


来期シート予想!
Excerpt: フェラーリ (ライコネン/マッサ) BMW (ハイドフェルド/クビカ) ルノー (アロンソ/ピケJr.) ウイリアムズ (ロズベルグ/中嶋) レッドブル (クルサード/ウェーバー) トヨタ (トゥルー..
Weblog: Standard-Blog
Tracked: 2007-11-04 00:51

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。